DO2282012年5月14日、ネパール西部のヒマラヤ山脈で、乗客乗員21人を乗せた『アグニ・エア』の小型旅客機「Do228-200(レジナンバー:9N-AIG)」が墜落し、乗員乗客15人が死亡、6人が重傷を負う事故が発生しました。同機は中部ポカラを出発し、北へ約50キロのジョムソム空港に向け順調に飛行していましたが、着陸直前に機体トラブルが発生したためポカラに引き返しを決断。その後空港から約2キロの地点に墜落したとのこと。アグニ・エアでは2010年8月24日にも墜落事故を起こしており、19歳の日本人男性を含む乗員乗客14人全員が亡くなっています。
■墜落現場で救助作業するネパール軍人


乗客の多くはインド人巡礼者とヒマラヤの山麓のトレッキングに参加する観光客でした。航空会社によると、搭乗していたのはインド人16人とデンマーク人男女2人の乗客計18人と、ネパール人の乗員3人。付近には幸いネパール軍の兵舎があり救助作業に軍用ヘリを使用し重症者を迅速に搬送できた為、犠牲者を抑えることができたそうです。生存者はインド人巡礼者3人と、デンマーク人男女2人、ネパール人乗務員1人。うち4人は重体とのこと。ジョムソンはヒマラヤ山脈を望む代表的な観光地として有名で、近年観光客が増加し航空便も増加しています。観光地を含む産業はネパールの重要な収入源で、ネパール国内総生産(GDP)の約4%を占める雇用を生み出しているとされます。アグニ航空は2005年年に設立。ドルニエ228-200を3機とジェットストリーム41の3機、計6機でネパール国内の各都市とカトマンズ-ポカラ線を主に運航しています。

■参照記事:Times LIVE (英語)
http://www.timeslive.co.za/world/2012/05/14/nepal-plane-crash-kills-15-six-survive-police

D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキン 2011D29 地球の歩き方 ネパールとヒマラヤトレッキン 2011
地球の歩き方編集室 編

旅の指さし会話帳25ネパール (ここ以外のどこかへ!) D28 地球の歩き方 インド 2011~2012 D24 地球の歩き方 ミャンマー 2011~2012 (ガイドブック) D30 地球の歩き方 スリランカ 2011~2012 ラオス〈2011~2012年版〉 (地球の歩き方)

by G-Tools