t-50crash

2012年11月15日、韓国空軍第8戦闘飛行団アクロバット・チーム「ブラックイーグルス」所属のT-50B高等練習機が墜落し、搭乗していたパイロット「キム・ワンヒ大尉(32)」が亡くなりました。同機は現地時間午前10時23分チームの随伴機1機とともに原州空軍飛行場を離陸、約5分後にソウル東部90キロの地点にあるホンソンの山間部に墜落炎上しています。事故原因は不明ですが、救助隊が墜落現場から70m地点に木に引っ掛かっているパラシュートを発見しており、正常に脱出できなかったと考えられます。T-50はインドネシア空軍に16機輸出する契約を締結し来年末に完成品を納入する予定でしたが事故原因によってはスケジュールの見直しや輸出に影響がでる可能性があります。
1/48 T-50 韓国空軍 高等練習機
1/48 T-50 韓国空軍 高等練習機
アカデミー
売り上げランキング : 14101

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アクロバット・チーム専用機であるT-50Bが墜落したのは今回が初めて。事故を目撃した住民によると「航空機2機が並んで飛行している途中、1機が火がついたままの野山に墜落した」と説明。墜落現場近郊には民家やペンションなど20世帯程がありましたが住民への被害はありませんでした。韓国空軍は飛行事故対策本部を構成し正確な事故経緯、原因の調査を開始。空軍関係者は現場の残骸や管制記録交信内容、フライトレコーダーから総合的な事故結果発表には時間がかかると述べています。キム大尉はブラックイーグルスで3番機(ライトウィング)を務めており、2011年9月に正式メンバーとして合流し、総9回の公演に参加しています。2011年に結婚し、生後8ヶ月の娘がいました。

■参照記事:T-50 항공기 추락… 조종사 1명 사망