Algerian-Air-Force-C-130-crash

2014年2月11日、アルジェリア空軍兵士と家族らを乗せた輸送機「C-130H(R/N:7T-WHM)」が東部の山岳地帯に墜落し、生存者の1人以外残る77人の全員が死亡したことをアルジェリア国防衛省が発表しました。同機は同国南部の砂漠地帯にある空軍駐屯地タマンラセット空港を出発し、首都アルジェから320キロ東にあるコンスタンティーヌに向かっていました。治安筋や国営メディアは当初、乗っていたのは103人で全員が死亡したと伝えていましたが、その後77人と訂正しています。政府は原因や状況を調べるため調査チームを編成、アブデルアジズ・ブーテフリカ大統領は、この事故で命を落とした兵士らを「殉死者」とたたえ、12日~3日間の国喪を宣言しました。続きを読む