1960-New-York-Air-Disaster

1960年12月16日、ニューヨーク上空でユナイテッド航空 826便「DC-8-11(N8013U)」とトランスワールド航空266便「L1094(N6907C)」の2機が空中衝突し、両機の乗員乗客128名、DC-8の墜落下の住民6名を含む134名が亡くなる大惨事『ニューヨーク空中衝突事故』の記録写真です。写真はDC-8が墜落したブルックリンのパーク・スロープ街で生存者の救出と捜索作業が写されています。続きを読む