CCCP-77102_crash

1973年6月3日、第30回パリエアショーの会場にてソ連が誇る当時最新鋭超音速旅客機(SST)ツポレフ『Tu-144S(コンコルドスキー※)』(CCCP-77102)が何万という観衆が見守る中パリ郊外のル・ブルジェ空港北側の村落に爆発しながら分解墜落し、乗員6名および地上の住民7人が死亡、25人以上が負傷する参事となりした。CCCP-77102はTu-144量産型モデルとしてロシア南西部「ヴォロネジ航空機製造工場」で製造、1972年3月20日初飛行に成功。国際的な航空ショーであるパリエアショーはライバルである「コンコルド」を超える性能(カタログ上)を西側諸国に見せつける絶好の機会であり、50機種の航空機ライセンスを持つテストパイロット「ミハイル・ゴズロフ」大佐を機長に、優秀なエンジニアとスタッフで万全な体制で臨みました。事故当時は雲が出ているものの飛行に支障は無く、デモフライトに飛び立ったTu-144は会場上空を滑らかに旋回飛行。垂直に機首を上げ急上昇に移ろうとした直後、突然失速し機体が分解しながらきりもみ状態で墜落しました。※NATOコードネーム(チャージャー)続きを読む